プレミアムスリムビオの効果を配合の成分から徹底解説

おすすめ
なかなかダイエットって続かないのよね…

飲むだけの菌活ダイエット!これなら今回は続けられるかも。


菌活ダイエットスタート

短鎖脂肪酸ってなんだろう?

短鎖脂肪酸という名前には「脂肪」という言葉が入っています。

 

なのに、なぜ脂肪の蓄積を防ぐの?

 

脂肪なんだから体に蓄積されて太ってしまうのではないの?とお思いの方もいるのではないでしょうか。

 

ここで、脂肪について簡単に説明します。

 

脂肪酸とは

人間が体の機能を維持するために必要とする脂肪は大きく分けて2つに分類されます。

 

それが「短鎖脂肪酸」と「長鎖脂肪酸」という分類です。

 

短鎖と長鎖という名前の通り、両者は単純に長さが違います。

 

脂肪というのは、炭素という元素がくさり状につながった構造をしています。

 

炭素の数が6個以下のもの短鎖脂肪酸、12個以上のものを長鎖脂肪酸といいます。

 

同じ脂肪なのに、長さが違うと体の中での働きが大きく違ってくるのです。

 

サラダ油でおなじみのリノール酸やオレイン酸などが長鎖脂肪酸です。イメージしやすいのは、おなかまわりや太もも、二の腕などの脂肪だと思います。

 

これは、揚げ物やお肉などの食べ物に含まれている油が体の中に吸収されて、長鎖脂肪酸という形で蓄えられたものです。

 

自分の目でみることができる「ぜい肉」といわれるものは、長鎖脂肪酸が蓄積したものなのです。

 

それに対して短鎖脂肪酸は、酪酸やプロピオン酸といったものになります。

 

あまり耳にすることのない名前なのでイメージしにくいかもしれません。

 

それに加えて、短鎖脂肪酸は「ぜい肉」にはなりません。

 

そのため、おなかや太ももに蓄積されることはありませんので、目で見ることはできません。

 

短鎖脂肪酸は体内でどんな働きがあるのか

食べ物に由来する油によって体は長鎖脂肪酸(ぜい肉)を蓄えますが、そのぜい肉を分解し、燃焼するためのスイッチをオンにするシグナルの役目を果たすのが短鎖脂肪酸なのです。

 

同じ「脂肪」でも、「長鎖脂肪酸」と「短鎖脂肪酸」では、ぜい肉として「脂肪をためる」のか、「分解・消費」するのか、その機能には大きな違いがあるのです。

 

本題に戻りますと、ビフィズス菌 B-3は短鎖脂肪酸を腸内でいっぱい作りだしてくれるのです。

 

そしてその短鎖脂肪酸は体内に吸収されて、おなかや太ももなどに蓄えられた長鎖脂肪酸(ぜい肉)を分解してくれるのです。

 

ビフィズス菌B-の短鎖脂肪酸の力は体の中でぜい肉を分解するだけにとどまりません!

短鎖脂肪酸という名前の通り、酸性の物質なのです。

 

酸性といっても弱い酸性ですので安心してください。

 

ハンドソープやボディソープには、弱酸性のものが多いです。

 

これはなぜかというと、弱酸性成分は人間に悪さをする細菌をやっつけてくれる殺菌作用があるからです。

 

例えば手のひらについたカゼの菌や食中毒を引き起こす菌などが、手から口、口から体内に侵入するのを防いでくれます。

 

ビフィズス菌B-3は腸内で短鎖脂肪酸を作りだします

 

それによって腸内は弱酸性に保たれることになります。

 

つまり、腸内でも人間に悪さをする細菌をやっつけてくれる殺菌作用が働くというわけです。

 

では腸内で人間に悪さをする菌とはどんなものでしょうか?

 

もうお気づきと思いますが、それが悪玉菌(デブ菌)なのです。

 

悪玉菌(デブ菌)

便秘によって、腸内にいつまでも老廃物があると、悪玉菌(デブ菌)はそれをエサにしてどんどん増えていきます。

 

さらに悪いことは、アンモニアなどの人間にとって有害な物質を作りだすということです。

 

アンモニアはアルカリ性なので、弱酸性である短鎖脂肪酸の効果は打ち消されるどころか、腸内がアルカリ性になってしまします。

 

「乳酸菌」という名前、ここにも「酸」という言葉が入っていますが、アルカリ性の腸内環境で乳酸菌は生きていけないのです。

 

つまり、腸内を弱酸性に保つということは、腸内フローラを改善するための必要な条件なのです。

 

アンモニアは体を老化させる働きもあるので、そういった面からみても、便秘は体に良くないのです。→プレミアムスリムビオで便秘改善

 

このようにプレミアムスリムビオに含まれるビフィズス菌B-3が生み出す短鎖脂肪酸により、腸内環境が改善される仕組みなのです。

おすすめ
腸内環境を整えるダイエットって初めてかも。

初回は980円から始められるのか…
お手軽そうだしとりあえずダイエット始めてみようかな


初回お試しへ

page top